ホーム > 月間結果報告 > 2012年6月終了のお知らせ

2012年6月終了のお知らせ

2012年6月度の月間結果報告です。

6月度も新規ナンパゲットは0人、4ヶ月連続で坊主を記録。セックスは2回だけ。なお、新規にセックスをした女性は以下の通りです。

  • 23才ソープ嬢

お金で購入した女性なので、もちろんGET数にはカウントしません。

断射51日目にして久しぶりに射精を行ったところ、なぜか蟻の門渡りの奥がツンツンピリピリしました。しばらく使っていなかった筋肉や腱がビックリしちゃったみたいです!

ちなみに、26日は【11人目GET!24才パティシエ】さんとセックスをして膣外射精をしています。6月はまたまたナンパ活動の一切を行うことができませんでした。

2012年6月度の考察

ナンパを「したくない」とか「飽きてしまった」とかは一切なく、「早くしたい・もっとしたい」と切望しているのですが、どういうわけが腰が重いです。

『なんでかなぁ~』と時間をかけて考えてみたところ、どうやら中途半端にナンパをして宙ぶらりんな状態になってしまうのが嫌だということがわかりました。「嫌」っていうか「とにかくものすごく嫌」なのです。

ナンパはしたいけど、中途半端になるくらいなら『したくない』のです。

本当はもっと気軽にナンパを楽しんでいいと思いますし、実際僕が会社員をしていた20代の頃は、仕事中にもかかわらずスキマ時間をみつけては精力的にナンパ&セックスを楽しんでいたわけです。

では、なぜ20代の頃のように気軽にナンパができなくなってしまったかというと、「ナンパの目的」が当時と今では異なっているからですね。

当時のナンパの目的は「セックスするため」で、当然ゴール(目標)は「セックス」です。今でも、ナンパのゴールは「セックス」で同じなのですが、ナンパの目的が「自己の可能性に挑戦するため」に変わっています。

この目的は、どこかの会社みたくテキトーに体裁だけ取り繕ってカッコつけているわけではなく、自分をみつめてみたら『そうだった』わけです。

ナンパの目的が挑戦なのだから、「スキマ時間をみつけてテキトーに」では僕のナンパ目的に沿わないですよね。やるからには時間を割いて、しっかり準備して、集中して取り組み、成長を志向したいのです。

ここ数ヶ月、「仕事」と「ナンパ」の両立がどうしても上手くできずに戸惑っていたのですが、ここにきて「挑戦」という軸を中心に、この「仕事」と「ナンパ」の2つの円が1つに重なりつつあることを実感しています。

「自分自身の可能性への挑戦」として捉えることで、「仕事」と「ナンパ」が全く別々の存在ではなくなってきたということですね。

こういったことは、理性で言い聞かせたり・洗脳したり・納得した風に決めつけてはNGで、『本当にカラダが腑に落ちているのか?いないのか?』が全てです。僕は自己矛盾が溶けゴーサインが出るまで時を待ちます。

2012年7月度の展望

ジムでのオーバーワークで体にガタがきています。

もともと学生時代からの腰痛持ちなのですが、6月半ばよりワークチェアに10分もジッと座っていられない痛みを覚えるようになっていました。

整形外科でレントゲンを撮ってもらったところ「腰椎分離症」の診断。簡単に言うと腰椎の疲労骨折です。おそらく学生時代の部活で既に骨折をしていて、そこに今回ベンチスクワット等の過度な負荷をかけてしまったことで、患部が強く圧迫され痛みが発症しているとのことでした。

いまさら骨はくっつかないので、特に治療するようなものでなはく、6~8週間はトレーニングをしたくとも安静が必要だそうです。

それと、左足のハムストリングと右足の大腿四頭筋は「軽い肉離れ」の診断。こちらはベンチスクワットで追い込んだ後のランニングが原因です。診てはもらわなかったけど、右足首が痛いのも多分同じ原因。

『カッコイイ体にしたいな~』とか『フルマラソン完走したいな~』とか、イロイロ欲張ってキモチだけ焦ってオーバーワークになった結果、振り出しのスタート地点どころかむしろマイナスな位置からのやり直しです。

でもね、今回怪我をしてちょっとホッとしたところもあるのです。

仕事で頭をフルに追い込みジムで体をフルに追い込んでいたので、なんかこう常にストレスフルな状態で、買ってきた観葉植物はすぐに枯れてしまうし、日常が殺伐としていたわけです。

それが、ドクターストップ後のジムは完全に息抜き(リラックス)の場と変わったので、ストレッチにリッチに時間を使って、片手で読書をしながら体づくりの基礎をのんびりとやってます。

というわけで、7月は体調と相談しながら、慌てず焦らず目標に向かって1歩1歩確実に前進していきますよ!

ちなみにセックスは全然OKだけど、足腰に負担がかかる駅弁スタイルや小動物バリの超高速カクカクピストンは封印したいと思います。

最近の投稿
全ページへのリンク
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る