ホーム > 観察と考察と報告 > 「ルール」と「ゴール」を変更します

「ルール」と「ゴール」を変更します

しばらく葛藤してました。ナンパに対する葛藤です。

僕にとってのナンパとは、自分自身に対する挑戦そのものであり、仕事の成果に対する挑戦と同等か、それ以上の意味を持っています。

もちろん性欲は人並みにあるので、「肉体的快楽」も当然求めるわけですが、この「肉体的快楽」だけで満足できるのであれば、わざわざ「オナ禁ナンパ」をする必要はなく、風俗で女性を購入すればいいだけの話です。

僕がイマイチ風俗を好きになれないのは、そこに「達成感」がないからです。この「達成感」がないと、「充実感」も「満足感」もありません。

決められた料金を支払って決められたサービス受け射精に至れば、欲求不満は解消します。けれども「達成感」「充実感」はありません。例え、「肉体的満足感」はあったとしても「精神的満足感」はありません。風俗では、「試行錯誤」も「努力」も「挑戦」も一切必要としないからですね。

「ルール」と「ゴール」の変更理由は?

突然ですが、6月1日より当ブログのルールとゴールを変更します。

ルールとゴールを変更する理由は、もっとクリエイティブ且つダイナミックにナンパ活動を行うため、そして「達成感」を得るためです。

これまでの当ブログの「ルール」と「ゴール」は以下の通りでした。

  • ルール1 : オナ禁
  • ルール2 : 1ヶ月のナンパ&女遊び予算は5万円
  • ゴール : 40才の誕生日までに200人のナンパGET

6月1日より、次のように変更します。

ルール1 : オナ禁

当ブログの唯一のルールを、この「オナ禁」だけにします。

オナ禁ルールの内容は、「マスターベーションによる射精の禁止」ですので、射精を行いたい場合は…

  • なんとかしてナンパゲット
  • 彼女やセフレ・愛人をキープ
  • 身銭を切って女性を購入

の3択しかありません。本当は『オンナとヤリたい!』のに、その欲求をお手軽な右手で解消してはダメってことです。

「ナンパゲットできない」「彼女もいない」「セフレもキープできない」ならお金を使うしかありません。その「お金もない(使いたくない)」なら、意地でもナンパゲットするしか欲求不満解消の道はないわけです。

ルール2 : 1ヶ月のナンパ&女遊び予算は5万円

このルール2のナンパ&女遊び予算を完全に撤廃します。

この予算5万円というルールに従って行動していた結果、5万円以上の機会損失(チャンスロス)を計上していたことにハタと気がつきました。

最近は欲求不満解消のためのセフレが何人かいるのですが、このように「セフレをキープすることは実際お得なのか?」を考えてみます。

まず明確にしておきたいのが、僕のセフレ目的は「性欲処理」だということです。話を聞いて欲しいわけでもなく、精神的な繋がりも求めていません。あくまで肉体的な欲求不満を解消するためだけの関係にあります。

したがって、セフレと2人で食事に行くわけでも飲みにいくわけでもなく、お互いの都合の合う日時に僕の自宅まで来てもらうだけなので、基本的にお金は1円もかかりません。無料で欲求不満を解消できるのです。

一見すると「無料で性欲処理」なんて実に理想的に思えます。しかし、これは「金銭的コスト」だけにフォーカスしているからであって、「時間的コスト」を含めれば、実は「損」をしている計算になります。

過去にも「時間=命」であり、「金銭より時間こそが価値あるもの」と何度か言及してきましたが、ここで「自分の1時間あたりの金銭的価値」を設定する話をしておきたいと思います。

1時間あたりの金銭的価値を算出する

まず、現状を把握します。

仮にあなたが、「実働8時間」「月25日出勤」で「月給20万円」のお仕事をしているとします。月の労働時間が8×25=200時間になりますので、月給200,000円を200時間で割ると、時給=1,000円と算出されます。

この1,000円があなたが1時間で稼いでいる金額であり、現状の「あなたの1時間あたりの金銭的価値」になります。この「自分の1時間あたりの金銭的価値」を意識しておくと、モノゴトの選択や判断が容易になります。

例えば、何か欲しい物を購入する際に、最安値のネットショップを探しまくって、「やった500円も安く買えた!得した!」と嬉々としていても、ネットサーフィンに1時間もかけていたら、実際は-500円の「損」となるのです。これが、機会損失(チャンスロス)の概念です。

1時間あたりの金銭的価値=1,000円だとして、ネットサーフィンに1時間かかってしまったのならば、最低でも1,000円以上安く購入できなければ「得」にはならない計算です。

で、大事なのがこの「1時間あたりの金銭的価値」は、あなたが勝手に金額を設定してよいという点です。

現実の時給が1,000円だからって、あなたの1時間あたりの金銭的価値も1,000円にしてしまうと、現状の思考・行動から脱却できません。

おすすめなのは目標収入から逆算した「自分の1時間あたりの金銭的価値」を設定し、その価値に見合った思考・行動を選択していくことです。現状の時給は一切関係なしです。

僕の2012年の1時間あたりの金銭的価値は2万円です。一昨年は5千円、昨年は1万円でした。直近の目標をクリアしたら3万円に設定しますし、30代のうちに1時間あたりの金銭的価値を10万円に上げていきます。

こうなってくると、ネットサーフィンで最安値のショップを探すとか、オークションで入札の行方を終了時刻まで見届けるとかあり得なくなります。

なぜなら「時間的コスト」がまったくペイしないからですね。

1時間1万5千円のデリヘルを呼ぶのに1時間もウダウダ迷ったあげく結局コールしなかったとしたら、さっさとコールして1時間楽しんだ場合よりも、なんと-5,000円の機会損失が発生してしまうわけですよ。

と、偉そうに「時間的コスト」についての話をしていますが、このナンパ&女遊びに関しては、この「時間コスト」の意識がスッポリと抜け落ちてしまっていたことに気がついたわけです。

なぜ、セフレが「損」なのか?

さて、「セフレをキープすることは実際お得なのか?」の話に戻ります。

セフレといっても相手は感情のある人間なので、「呼び出し → 玄関先で挿入 → 10分で射精 → はい、さようなら」というわけにはいきません。

自宅に来てもらって直ぐにご奉仕させてセックスに至りますが、その後なんだかんだ話をしたりして、3時間程度は一緒にいるケースが多いです。

この時の「金銭的コスト」は0円です。交通費もかかりませんし、ガンガンメールに加入しているので、メール1通分のパケ代すら不要です。ここで先の「時間的コスト」という視点を加えます。

前述の通り、僕の1時間あたりの金銭的価値は2万円です。したがって、仮にセフレと3時間一緒に過ごした場合のコストは、「金銭的コスト0円」+「時間的コスト6万円」=「トータルコスト6万円」になります。

次に、風俗や割り切りで性欲処理をする場合のコストです。「金銭的コスト」は2万円程度で済むでしょう。「時間的コスト」は1時間で賄えますのでこちらも2万円です。つまり、トータルコストは4万円になります。

このように、「性欲処理」のコストは、セフレを呼んでダラダラと過ごしてしまうより、風俗や割り切りでササッと解消してしまった方が、機会損失を含めたトータルコストは断然お得だったのです。

というわけで、「予算(額面)」を設定してしまうことで生じるこういった判断ミスを無くすため、ルール2は完全に撤去することにしました。

予算をルールから撤去することで、額面に縛られることなく、もっとクリエイティブ且つダイナミックにナンパを展開していける気もします。

ゴール : 40才の誕生日までに200人のナンパGET

最後に、「ゴール」の変更です。

200人という「数」から女性の「質」へと変更し、ターゲット女性コンプリートGETをゴール(目標)とします。

「数」を目標にしてしまうと、どうしても「やっとくか…」みたいな変な意識が働き、葛藤を誘引してしまうからです。

また、「やっとくか…」でセックスしても、やはりそこには「達成感」「充実感」「満足感」はありません。自分自身に対する挑戦にはならないので、僕のナンパ目的から外れてしまうわけですね。

また、これは先日の【39才のクラブホステスをスルー】で実感したことなのですが、やっぱり「自分の価値に見合わない」と思った女性とはセックスするべきではないですね。

可哀そうだなと思いつつも『オレ帰るわ』で帰宅後、自分でもビックリするほど平安な気持ちになれたのです。これは選択が正しかった証拠です。

反対に、「据え膳食わぬは男の恥」ではないれど、自分の価値に見合わない女性とセックスしてしまうと、自分で自分の価値を貶めてしまいます。それは、セックス後なんとも言えない虚しさに襲われるのでわかります。

つい気を抜いていると「やっとくか…」になってしまいがちなので、女性との面会の際には、自分自身に次の2点を問いかけることにします。

  • この女性を隣に連れて街中を一緒に歩きたいか?
  • この女性と過ごす1時間に2万円の価値はあるか?

女性の「数」でなく「質」にフォーカスすることで、自分自身により一層磨きをかける必要があるし、ターゲット女性別にそれぞれの「戦術」を新たに組み立てて行かなくてはなりません。

今後、「ヤレる女」でなく「ヤリたい女」をゲットするために、自分磨き・試行錯誤・努力・挑戦をしていきます。僕のナンパ目的は、セックスした女性の「数」でなく、女性の「質」により達成されるからです。

18日は、【11人目GET!24才パティシエ】さんとセックスをしました。断射はキープ。出費はありません。それと、先日やっとミントC!Jメールに新規会員登録しました。出費は、5,100円。

最近の投稿
全ページへのリンク
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る