ホーム > リアルナンパ | ワーカー > イベコンとの正しい楽しみ方

イベコンとの正しい楽しみ方

イベントコンパニオンとの遊び方指南です。

ごくごく普通にイベコンとのセックスを満喫するのもOKですが、今回ご紹介する方法を用いると、間違いなく「興奮度」が200%アップすること請け合いです。なお、既にイベント会場で何かしらのアプローチをかけて、イベントコンパニオンから反応があったことを前提とします。

さて、無事イベントコンパニオンから何かしらの反応を得ることができたら、当然「面会」を希望するわけですが、『いつでもいいよ』でなく必ずイベント開催期間中のアフターファイブを強く希望してください。

この「イベント開催期間中」というのが重要で、カメラ小僧や男性来場者から1日中視姦されまくった「全身汗まみれ」のイベコンと面会します。

面会後は小洒落た店で軽く飲食をした後、都会の夜景を眼下に望めるシティホテルへと移動します。豪華な箱と衣装でイベコンの価値がせっかく高まっているので、日常である自宅やラブホテルに連れ込んではNG!

シティホテルへ移動後は、(可能であれば)イベント会場で着用していたコスチュームに着替えてもらい、会場同様のポージングを披露してもらいます。たっぷり時間をかけて視姦を楽しんだら、もちろん着衣のまま汗ばんだイベントコンパニオンの極上ボディにむしゃぶりつきます。

この時、シャワーなどは一切浴びさせません。

「興奮」を増大させるポイントは、できる限り会場でのイベコンと同じ状況を作ることです。イベント会場内で業務中のコンパニオンとセックスできれば最高なのですが、それは無理なので「イベント閉館直後」「イベント着用コスチューム」「業務時の立ち振る舞い」にこだわります。

一旦帰宅して・シャワーを浴びて・メイクをし直して・私服に着替えてしまったら、全てがリセットされてしまうのでイベコンである意味が激減します。興奮度マックスで楽しむために、トコトンこだわりたいところです。

イベコンGET後の正しい楽しみ方

続いて、イベコンゲット後の遊び方指南です。

ゲット後に2度楽しむためには、イベコンの恥ずかしい写真や動画をゲット時に撮影しておく必要があります。この時点で大体想像できますね。

つまり、イベコンのプライベートな写真や動画と共に再度イベント会場に足を運び、カメラ小僧や男性来場者に華々しくポージングをキメている姿や美しい所作でナレーションをしている姿などと、メス本能剥き出しの卑猥なケータイ待受写真やハ●撮り動画をこっそり見比べて悦に入るのです。

カメラ小僧や男性来場者及び同ブースで働いている各メーカーの男性社員に対して、『オレはあのイベコンの全てを知っているんだぜ』と、勝手に優越感を覚えてもいいですし、『カメコや来場客が眺めるだけの存在をオレは味わいつくしたぜ』と、支配感・全能感に浸っても良いです。

これは、あなたがゲットしたイベコンに注目が集まれば集まる程(ひとだかりができればできる程)興奮します。また、このようにあなたが勝手に楽しんでいる姿を、澄ました顔で業務をこなしているイベコンに敢えて気づかせることで、ちょっとした精神的な支配も行えます。

ちなみに、イベコンとは様々な会場で再会できるので、一度撮影してしまえば、そのイベコンのスケジュールを確認して何度でも楽しめますが、できればゲット翌日の生々しい記憶と感触が残っている状態が理想です。

このことを考慮すると、イベントの開催初日にアプローチをかけるのがベストです。また、イベコンは1日でたくさんの名刺を貰うと思われるので、その他大勢に埋もれて忘れられてしまわないように、イベント閉館時間の仕事が終わる直前に名刺を渡して印象を残しておきたいところです。

ま、こういった「遊び」は妄想している間が一番楽しく、実際にやってみると『こんなもんか…』と大抵期待を裏切ります。とはいっても、1度は試してみたいことなので、多分僕は本当にやってしまう気がしています。

最近の投稿
全ページへのリンク
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る