ホーム > ネットナンパ | ライブドアYYC | 都度合体報告 > 15人目:43才専業主婦(人妻)

15人目:43才専業主婦(人妻)

昨日は、今月2度目のダブルヘッダーを行いました。

1人目は、また×13「YYC」で知り合った43才の専業主婦(人妻)さんです。ついに、40代の熟女にも手を出してしまいましたよ!

最近は、自分からアプローチをかける時間も暇もなく、やっていることは「足あと」のお礼と、「ウィンク」や「メッセージ」への応対のみです。

今回も、彼女の方からメッセージが届いたので、写真をもらった後に即日のアポを取りました。『車で行く』とのことでしたので、自宅マンションの隣を待ち合わせ場所に指定し、そのまま僕の部屋に連れて行きました。

43才の彼女は、華奢なボディと端正な顔立ちのおっとりとしたナチュラル系です。旦那さんとも定期的にセックスをしているとのことでしたので、”女”を捨てずに年齢を重ねてきた感じがします。

自室に招いた直後に体を求めると一瞬戸惑いを見せましたが、強引にご奉仕をさせセックスをしました。見た目とは裏腹に複数のエロテクを披露してくれたので、おそらく旦那さんにじっくり仕込まれたのだと思います。

43才専業主婦(人妻)さんとの勝負ポイント

よくプロフィールページに、『H目的お断り!』、『セフレは求めていません』といった記載をする女性がいます。この専業主婦さんもそうでした。

この文言を真に受けて、セクシャルな会話を避けたり、妙に紳士ぶってはいけません。慎重になったり・かしこまったり・遠慮したらダメなんです。

なぜなら、確固たる意志を持っている女性は、いちいちこのような記載を行わないからです。「H目的お断り!」「セフレは求めていません」と書いておくことによって男性を牽制しているつもりなのですが、実際に牽制できるのは、ここでも”ナヨイ男”のみなのです。

ちなみに強者ナンパ師には、『H目的お断り!』、『セフレは求めていません』という文言は、以下のように聞こえています。

『私は意志の弱い優柔不断な女です。もう何度も好きでもない男性に強引に迫られつい体を許してしまいました。また迫られてしまうとやっぱり体を許してしまうと思うので、絶対に絶対に軽い気持ちで迫ってこないでください。お願いしますm(_ _)m』

要は、「格好の獲物」なわけです。

これは、「訪問営業」を牽制するために玄関口に貼り付ける、『セールスお断り』のステッカーと全く同じです。このステッカーが有効なのは、「しょぼい営業マン」のみで、「スゴ腕営業マン」には逆に『チャンス!』とやる気を与えてしまっています。

なぜなら確固たる意志を持っている方は、営業マンを怒鳴り返すか、その場でその営業マンから名刺をもらい、営業マンの目の前で会社の社長に取り次がせ、『おまえのところのクソ営業をどうにかしろ!』と説教し、もう2度と足を運ばせないように、きっちり対処するからです。

そういうことができない、つまりは「断れない」からこそ、『セールスお断り』のステッカーを貼っているわけですね。

『H目的お断り!』、『セフレは求めていません』の記載と、『セールスお断り』のステッカーは、いずれも「意志の弱さ」「優柔不断な性格」を表明してしまっているのと変わりはないのです。

ですので、男性を牽制するようなプロフィールに出会ったら、「紳士にいこう」ではなく、「ちょっと強引にいこう」が正解です。これポイント!

自称カメラマンのよくあるナンパ手口

この専業主婦さんに、浮気の経験を聞いてみたところ、今回を除いて過去に1度だけ浮気をしたことがありました。

その相手は、昨年の秋にツイッターで知り合った30代の自称カメラマンです。なんでも、頻繁に個展を開いている(自称カメラマン談)らしいです。

ナンパの手口は、「撮影モデル募集」です。

『被写体になって欲しい』と持ちかけ、自宅やラブホテルなどの密室に連れ込み、ポーズを求めながら徐々に服を脱がしていき、その流れで最終目的の「ハ●撮り」までしてしまう有り触れたナンパ手口ですね。

しかも、この自称カメラマンの鬼畜なところは、『無精子症だから』とこの人妻さんに膣内射精を行なっているところです。その後、連絡を取っていないとのことだったので、完全に確信犯ですね。

おそらく彼は、同じ手口で撮り溜めた「他人妻種付けコレクション」を眺めて、人妻の膣内へ射精した征服感と旦那への優越感に、夜な夜な浸って興奮しているのでしょう。

今回は、膣外射精をしたので断射は6日でストップ。出費は、飲食:240円・駐車場代:200円の計440円。25日は、【11人目GET!24才パティシエ】さんとセックスをしました。射精・出費は共になし。

続いて、ダブルヘッダー2人目です!

最近の投稿
全ページへのリンク
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る