ホーム > ネットナンパ | ライブドアYYC | 都度合体報告 > 12人目:35才食品加工員

12人目:35才食品加工員

昨日の夜、久しぶりに12人目と合体しました。相手のコは、また×11「YYC」でナンパした35才の食品加工従業員(バツ1)さんです。

今回も、僕の「YYC」マイページに表示されていた「足あと」がきっかけになっています。札幌駅近郊のとある観光ホテルを待ち合わせ場所に指定し、面会後はいつものように真っ直ぐ自宅へ向って歩き出しました。

その道中、勝手に腕を絡めてきましたが、ラブラブなカップルだと思われたくないし思わせたくないため、すぐに腕を振りほどきました。

自室に到着後は、即ご奉仕の強制です。

ご奉仕の最中に、『ちょっと一言あるんだけど・・・』と躊躇いながら切り出してきたので、「ん?」と思ったら生理3日目とのことでした。

『今日、生理なの…』が意図するもの

女性からの、『今日、生理だからできないよ』という発言を、言葉尻のまま受け取ってしまってはいけません。

この発言は、『生理中で汚いけど大丈夫?汚しちゃうよ』を意図しています。つまり、『今日はセックスできない・したくない』のではなく、『今日はセックスしてもいい・したい・でも嫌われたくない』が大半の本音です。

ですので、過去の日記でも時折触れていますが、女性からの『生理中』発言には、『そんなの全然気にしない。むしろ安全日でラッキー!(そんなことありませんが)』と反応するのが正解になります。

もちろん、僕は生理マニアではないので、心の中で『またかよ』とテンションはガタ落ちしています。今回も、【11人目GET!24才パティシエ】さん同様、バスタオルをしっかり敷きセックスをしたのですが、20分程で萎えてしまい、その後射精を欲することもありませんでした。

なぜか35才にもなって22時の門限がある彼女が、帰り際に突然『最後に乳首舐めて』と懇願してきましたが、『そんな気分じゃねぇよ、この淫乱が!』とお断りして帰路に着かせました。

メールテクニックその2

メールのやりとりの段階で、しっかり主導権を握ります。

例えば、待ち合わせ場所を指定する際には、『●●に来てくれる?●●に来れる?』ではなく、『●●に来な』と命令口調でメールします。完全に主導権を握れていない場合には、『●●に来な』の直後に絵文字を入れるなどして少し柔らかさを出しますが、それでも『来な』と主導権を譲りません。

このように書くと、『そんな命令口調でメールしたら嫌な奴だと思われてしまうし、アポ取れるものも取れなくなってしまう』と思われるかも知れませんが、それは違います。

アポを取る段階までのメールのやりとりの中で、既に『●●に来な』と普通に言える関係を構築してしまっているのです。その関係を構築するためには、「まず、あなたがそのように在ること」がスタートになります。

つまり、小手先のテクニックではなく在り方(あなたの存在の仕方)が重要なわけです。もっと言えば、「あなたがどんな存在になりたいか?」を先に決めていなくてはなりません。

有効な細かいテクニックもあるのですが、あなたの在り方に芯が通ってないと、どんなテクニックを使ってもブレブレグダグダで格好悪いだけです。

なお23日は、【2人目GET!35才医療事務員】さんとセックスをして膣外射精をしました。出費はなし。25日は、【11人目GET!24才パティシエ】さんとセックスをして膣内射精をしました。出費は、飲食:960円。今回の出費は、飲食:947円です。今月はナンパにほとんどお金使ってないな。

最近の投稿
全ページへのリンク
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る