ホーム > 観察と考察と報告 > マスターベーションで失うもの

マスターベーションで失うもの

数日前から無性にムラムラます。

先月25日のデリ嬢で射精してから、早断射12日間を経過しました。元々想像力がたくましいので、ネット掲示板などにアップされているイヤラシイ写真を見て、勝手に想像を膨らませて、たまらなく興奮しています。

『くっそ、マジぶち込みてぇ』状態で、ときおり頭に血が上り動悸が激しくなります。羨ましさ・怒り・ムカつき・やるせなさを強く感じています。

今後、何度も訪れると思われるこの「ムラムラ」は、当ブログのオナ禁ルール(※正確にはマスターベーションでの射精禁止)があるので、愛人や風俗などでお金を使って解消するか、セフレをキープするか、新規ナンパGETを続けて解消していくしかありません。

本当は一刻も早くネットナンパ(とりあえず)を開始したいのですが、引越しによるゴタゴタの処理と、滞ってしまった仕事との板挟みになって苦悩しています。とにかく考える時間と作業(ナンパ含)の時間が足りません。

僕がオナ禁ルールを取り入れた理由

マスターベーションでの性欲不満解消は、「お金」「ナンパの精神的・肉体的労力」「人間関係」が不要でインスタントですが、失うものがあります。

それは、自信です。マスターベーションが習慣になっている人は、この「自信を失い続けていること」から無意識下で目を背けています。

しかし、深層心理では「マスターベーションは、子孫繁栄・生存競争から脱落した負け犬のみすぼらしい行為」だと知っています。1度断射をしてみると、自信という代償を払っていたことに気づけるハズです。僕は自信を失いたくないので、オナ禁ルールをできるだけ守りたいと思います。

最近の投稿
全ページへのリンク
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る