ホーム > 観察と考察と報告 > 恋と愛の違いと恋愛や結婚のこと

恋と愛の違いと恋愛や結婚のこと

人に好かれる事は知っていても、人を愛する能力においては欠けているところがあるようでした。(もっとも、自分は、世の中の人間にだって、はたして、「愛」の能力があるのかどうか、たいへん疑問に思っています)

人間失格 – 太宰治

空想の愛は、すぐに叶えられる手軽な功績や、みなにそれを見てもらうことを渇望する。また事実、一命をさえ捧げるという境地にすら達することもあります。ただ、あまり永つづきせず、舞台でやるようになるべく早く成就して、みなに見てもらい、誉めそやしてもらいさえすればいい、というわけですな。ところが、実行的な愛というのは仕事であり、忍耐であり、ある人々にとってはおそらく、まったくの学問でさえあるのです。

カラマーゾフの兄弟 – ドフトエフスキー(原卓也訳)

あなたにとって「愛」とは、どのようなものでしょうか?

一般的には、未熟な「恋」が成熟して「愛」に至る(愛が生まれる)といった認識があるようです。「恋 → 時間の経過 → 愛」です。

しかしながら、「愛」は「恋」の延長線上にあるものではありません。

結果として、そのような形になることもありますが、「恋」と呼ばれているものや恋愛感情全般と「愛」とは本質的に無関係であり、”全く別のもの”であるからです。

語感の良い造語

「愛」に、ロマンチックな意味合いは一切含まれません。「愛」は、好き・嫌いの感情に影響を受けるものではありません。「愛」は、憧れたり・欲したり・求めたり・望んだり・羨ましがるような代物ではないのです。

さて「愛」の本質に迫る前に、先に「恋」と「恋愛」について触れておきたいと思います。「恋」と「恋愛」の意味と関係性を知らないと、「愛」の本質を見誤るからです。

あなたにとって「恋」とは、どのようなものでしょうか?

そして、「恋」と「愛」が結合した「恋愛」とは、一体どういったものなのでしょうか?少し考えてみてください。

「恋」と「恋愛」は何が違うのか?「恋愛」と「愛」に関連性はあるのか?

以下PDFを読まれると、この辺の疑問が解消します。

明治翻訳語のおもしろさ – 福田 眞人

一部引用させていただきます。

恋愛という言葉、日本では比較的新しい言葉である。

(中略)

「愛」という言葉が、かつて仏教用語であって、人間相互の感情を表象する言葉でなかったことは興味深い。実際に日本人が「恋愛」なるものを認識したのは、明治3~4年(1870-71)に出た中村正直訳『西国立志編』以後ということになる。そして、二葉亭四迷によって、小説の世界で「ラヴ」と「恋」の違いを知ることになる。今、比較的新しい言葉(造語)としての「恋愛」を、「情」・「色」・「恋」などの語感と比べてみるとどうだろうか。「恋愛」の方がより洗練されていて、洋風で、より高級、より新鮮、より重要な語感を得ることだろう。そのことは、明治時代の方が、今日よりももっと強烈に感じられたはずである。

上記のように、「恋愛」という言葉は”語感の良い造語”であることがわかります。

もし「恋愛」と翻訳されたのではなく、「色事」や「色恋」と翻訳されていたら、誰もそれらに憧れを抱いたりしなかったでしょう。

このように、「恋愛」の他にも”語感の良い造語”はたくさん存在します。

「人間愛」「親子愛」「家族愛」「動物愛」「地球愛」などが代表的です。後ろに「愛」をくっつけると、途端に耳障り良く聞こえてくることが理解できるでしょう。

西洋思想のプラトニック・ラブ(精神性主体の愛)は、日本語で「純愛」などと訳されますが、これも”語感の良い造語”です。とても美しい響きがします。

「愛」は「愛」でしかないのですが、プラトニック・ラブのように、敢えて”精神性を強調した思想”が理想とされ支持される事実は大変興味深いところです。

どうやら人々は、何かしら「直面したくない現実」「認めたくない現実」から、無意識の内に目を背けているようです。

「恋」とは何か?「恋愛」とは何か?

人々が無意識の内に、現実から目を背けているもの…。
それが、「恋」と呼ばれているものです。

「恋」とは、情(欲情)や色(性行為)のことであり、つまりは動物的な生殖本能に過ぎません。「好き」という情動は、生殖本能から理由もなく湧き上がってくる感情です。「恋」は、決してロマンチックで神聖なものなのではなく、人間の生殖本能であるのです。

リチャード・ドーキンスの利己的な遺伝子ではありませんが、これでは我々の自我が納得できません。

そこで私たちは、生殖という動物的本能に振り回される「恋」という感情を、ときにセンチメンタルに、ドラマチックに、美しく・儚く・ほろ苦く、装飾・演出し始めます。

動物的な生殖本能である「恋」を、私たちの理性が無意識の内に都合良く編集したもの…。

それが、現代で「恋愛」と呼んでいるものの実態です。

「愛」とは何か?

さて、「恋」と「恋愛」の意味と関係性が明確になりました。

「恋」=生殖本能、「恋愛」=生殖本能である恋を私たちの理性が無意識の内に都合よく編集したもの。

では、「愛」とは一体どのようなものでしょうか?

よく「恋」と「愛」の違いについて書かれているものがありますが、「恋」と「愛」は本質的に”全く別のもの”です。もちろん、語感の良い造語である「人間愛」「親子愛」「家族愛」「動物愛」「地球愛」などの「愛」とも関係がありません。

太宰治は、「人を愛する能力においては欠けているところがあるようでした」と表現しました。人を愛するには、何かしらの能力がいるようです。

「愛」と「能力」って、あまり結び付かないような気がします。

ドフトエフスキーは、「実行的な愛というのは仕事であり、忍耐であり、ある人々にとっておそらく、まったくの学問でさえあるのです」と表現しました。

「愛」とは、仕事であり忍耐であり学問であるようです。

私たちが思い描く愛とは、ずいぶんと様相が異なっています。とても憧れたり・欲したり・求めたり・望んだり・羨ましがるような代物ではなく、実務的で大変厳しいものに聞こえてきます。

なんだか冷めますが、これが愛の本質です。

私たちがイメージしている愛は、(対象を)慈しむ気持ちであったり、(対象を)大切に思う気持ちであったり、(対象を)幸せにしたいと思う気持ちであったりします。

しかし、これらは感情に過ぎず、感情ほどいい加減で無責任で信じられないものはありません。感情が含まれるものは、所詮「恋愛」の範疇にあるものです。

「愛」に感情は含まれません。「愛」とは極めて理性的なものです。

感情を含んだ「愛」は、ドフトエフスキーの言う「空想の愛」であり、バブル期に流行したトレンディドラマのごとく作られた「偽物の愛」なのです。

愛とは意志である

さて、結論です。

「愛」とは何か?それは、「愛する」という意志そのものです。

好き・嫌いなどの感情やありとあらゆる条件に一切左右されることのない強い意志であり、その意志に基づく行為・行動が「愛」なのです。

先に触れた、「人間愛」「親子愛」「家族愛」「動物愛」「地球愛」などが「愛」とは本質的に無関係な理由は、そこに「愛する」という強い意志が含まれていないからです。

ここで言う強い意志には、責任や覚悟といった概念を含みます。それらのないものは「愛」ではなく、「義務感」や「同情」や「思いやり」の範疇に過ぎません。

人は、「好きだから」「楽しいから」「一緒にいたいから」「尊敬できるから」「成長できるから」と、何か理由があるから人を愛することができるのではなく、自らが「愛する」と意志することで人を愛することができるのです。

例えば、あなたには永遠の愛を誓い結ばれた運命の女性がいるとします。しかし、その女性との平和な日々は長く続かず、彼女が重度の認知症になってしまったらどうでしょうか?

うわ言や奇声を発するだけで、まともな会話も意思疎通もできなくなりました。髪はボサボサでフケだらけ、涎・鼻水・大便・小便を垂れ流し、強烈な悪臭を漂わせています。

もちろん愛を誓ったあなたは彼女を一生懸命ケアするのですが、毎回数時間も経てば元の木阿弥です。うわ言と奇声を発し、悪臭を周囲に漂わせる彼女がそこにいます。

彼女は、涎・鼻水・大便・小便を垂れ流したパジャマ姿のまま町内を徘徊してしまうので、あなたは日中うっかりと目を離すことも、夜間ぐっすりと熟睡することもできません。

このような悲惨な生活は、数週間・数ヶ月では終わりません。1年・2年でもありません。あなたの肉体面・精神面・経済面を疲弊させながら、10年・20年と続いていくのです。

さて、例えこの運命にあっても、「愛する」と意志し続けることが「愛」なのです。なぜなら「愛」は、好き・嫌いの感情とも、ありとあらゆる条件とも、無関係だからです。

人々は愛の本質を知らずに愛を誓い、その愛を裏切りたくないために(もしくは世間体のために)、「義務感」や「同情」や「思いやり」といったものを「愛」と擦り替えます。

しかしながら何度も繰り返しますが、「愛」とは「愛する」という意志そのものです。あなたが「愛する」と意志した時点で愛は始まり、あなたがその意志を放棄した時点で愛は終わるのです。

また、この「愛する」という意志には、身震いする程の悲壮な決意と覚悟が必要です。なぜなら、愛とは忍耐であり試練でもあるからです。

したがって「好き」という言葉とは異なり、「愛している」という言葉は軽々しく口にすべきではないし、安易に相手に求めてしまえるようなものでもありません。

教会で愛を誓い合い感動に包まれたとしても、身震いする程の悲壮な決意と覚悟で「愛する」と意志していない関係性においては、もともと「愛」などどこにもなかったのです。

さて、この「愛」を理解できない人間は、以下のような質問に対する回答に納得をすることができません。

【人生相談】夫婦の営みがなくなって10カ月なのに嫁が妊娠しました

上記(※既にページは削除されています)を読まれると、至極当然な回答をされています。

問題の本質は、パートナーである嫁が浮気をして他人の子供を妊娠してしまったことではなく、質問者がパートナーである嫁を愛していないことにあるのです。

興味深いのは、この記事を「はてブ」している方のコメントです。

『パートナーは繁殖の相手としてはあなたはふさわしくないけれど、自分のパートナーとして、また子どもの父親としては最適だと判断』アホか。浮気相手を訴えて離婚するような話で、宗教臭い話を語るな。

このような感情が先行した意見の方が正論のように聞こえます。確かに、先の回答はとんでもない内容だし、このコメントの方が100%正しいでしょう…。生殖弱者にとっては。

「結婚」とは何か?

あなたにとって「結婚」とは、どのようなものでしょうか?
当然のことながら、結婚の意味や目的は人によって様々です。

では、なぜ結婚が社会制度として確立されているのでしょうか?

それは、結婚が生殖弱者(の子孫繁栄)を保護するための社会的なセーフティーネット(安全網)だからです。

主に、孕まされて逃げられては困る女性のためのものであり、弱肉強食な自由恋愛市場におけるフリーセックスではパートナーに恵まれることない、大多数のモテない男性のためのものです。

よく巷では、結婚が「できる・できない」で悩み・考え・語られたりしています。「結婚できた者=勝ち組」「結婚できなかった者=負け組」として認識されているような部分もあります。

しかしながら、結婚を「できる・できない」で悩み・考え・語ってしまっているその時点で、自らが生殖弱者であることを告白している事実を理解しておりません。

なぜなら、「結婚できた者」とは生殖弱者を保護するためのセーフティーネットを利用できた者であり、「結婚できなかった者」とは生殖弱者を保護するためのセーフティーネットを利用できなかった者に過ぎないからです。

つまりは、どちらにしろ生殖弱者であることに変わりはありません。

実際に生殖強者は、結婚(婚姻関係)にこだわりません。その必要性がないからです。結果として結婚を選択する場合もありますが、生殖弱者のそれとは中身(意味や目的)が異なります。

また、一つの家庭にこだわることもしません。

世界各地に何人ものパートナーがいて、各家庭に愛しい子供がいたりもします。彼らにとっては、むしろこの形の方が自然であり理想的であるからです。

生殖強者は、道徳が何のために存在するかを理解しています。また、生殖強者は世間の同調圧力を意に介しません。それらに価値などまったく認められないからです。

彼らは、世間や法律や国家に守ってもらおうなどと考えません。自由であるために、責任は自ら果たすものだと知っているからです。

結婚とは、「できる・できない」を悩み・考え・語るものではありません。あくまで社会的なセーフティネットである結婚というシステムは、「利用する・利用しない」を選択するためのものなのです。

さて、生殖弱者の権利の主張はおぞましいほどに醜悪です。

特に、生殖弱者の自覚がない「結婚できた者」の主張は下劣極まりないものとなっています。浮気や不倫で世間が大騒ぎしているのが良い例でしょう。

浮気や不倫程度で、恥ずかしげもなく声高に社会に対して騒ぎ立てるのは生殖弱者の顕著な特徴なのですが、その理由は彼ら・彼女らがあつかましく利用している結婚というセーフティーネット(安全網)が他人に揺さぶられているからに他なりません。

セーフティーネットを揺さぶる不届き者は絶対に許すことのできない存在のため、生殖弱者は徒党を組んで総攻撃を仕掛けます。それは、自覚なき反射的な行為です。

よく話題になる、浮気・不倫・離婚・裁判・慰謝料は、生殖弱者のセーフティーネットを盾にしたみっともない権利の主張なのですが、権利を主張すればするほど「私は惨めなうえに狡猾な人間です」と言っているのと変わりはありません。

そういった人間は、もともと愛を誓って結婚したのではなく、結婚というビジネス(取引)を行っていた事実を真摯に受け止め、自分の弱さ・未熟さ・狡猾さを素直に認めるべきなのですが、残念ながらそのような誠実さは持ち合わせていないため、「裏切り者!離婚だ!慰謝料だ!」となるわけです。非常に醜い姿です。

また、良くある離婚の理由として「価値観の相違」がありますが、これは期待をしていた取引ができなかったときに出る表現です。中には「愛がなくなった」と言う人もいますが、愛は意志なのですから「愛するという意志を放棄しました」と言うべきです。

しかしながら実態としては、最初から「愛」などどこにもなかったわけですから、「期待していた取引が行えなくなりました」が正答でしょう。

このように、世間一般の慣習である「結婚」は、ビジネス(取引)や損得勘定の打算・妥協に過ぎません。その他、共依存や世間体や刷り込まれた理想であったりもします。またある人々にとっては、単に性欲解消手段や義務感に過ぎなかったりもするのです。

念のため補足しておきますが、もちろん「結婚」と「愛」に関係はありません。

大方の場合、期待する取引により結婚生活が始まり、やがて「情」による結び付きに関係性が変化していきます。

その「情」を体裁良く「愛情」などと表現しますが、これも”語感の良い造語”であり、「愛」と「愛情」とは本質的に無関係なものです。

再び、「愛」について

「愛」は双方的なものだと認識している方がほとんどですが、反対です。

「愛」は意志ですから常に一方的なものです。傍から見て愛し合う二人がいたとしても、互いが互いに一方的に「愛する」と意志しているのです。

これはつまり、「愛」は個々人の内面で完結する存在であることを意味しています。

例え、愛する人がこの世からいなくなってしまったとしても、あなたの「愛する」という意志が続く限り「愛」は存在し続けます。「人を愛することができない」という方は、「人を愛する」と意志しない方です。

「愛せない人間」なのではなく、「愛さない人間」なのです。

また、双方的な愛を信じそれを期待するのは、空想の世界を生きる未熟な人間です。双方的な愛など存在せず、それは「恋」を都合よく編集した「恋愛」に過ぎません。

「愛」をロマンチックに神聖化し、憧れたり・欲したり・求めたり・望んだり・羨ましがるような方は、現実を直視することなく生殖を美化し、必死になって「愛」と叫んでいるわけです。

まとめ:「愛」の新しい定義

愛とは意志であり、その意志に基づく行為・行動である。

コメント:6

祇園精舎 16-04-14 (木) 16:49

ふぁんくん、はじめまして。

ここ最近、ネットの出会い話は影を潜め、哲学的な事を書かれるようになりましたね。以前から読ませて頂いております。

今回の記事は洞察力がすごいなと思わずコメントしたくなりました。

恋愛に悩んでいた生殖弱者である自分はつきものが落ちたように楽になりました。
ありがとう!

ふぁんくん 16-04-23 (土) 12:26

祗園精舎さま

ほったらかしのブログにコメントありがとうございます。

恋愛って、生殖本能である恋を演出・装飾したものですから、恋愛を楽しむには現実から目を背けて夢中になるか、ドラマで活躍する役者さんのように、自分を捨てて(または偽って)演じきる必要があります。

けれども、僕も含めて、良い意味でも悪い意味でも正直で世間に迎合できない人間は、恋愛というお芝居にどうしても葛藤を覚えてしまいます。

がんばってやってはみるのだれど、とにかくしっくりこないし、段々と自分が嫌になっていってしまうのです。

僕も23歳くらいまでは、テレビドラマの影響などで、恋愛に憧れ、恋愛に悩んだ時期がありましたが、この悩みは心身が健康であり、精神的・経済的な自立が進むと勝手に解消していきます。

なぜなら恋愛とは未熟な人間が救いを求めてハマってしまう宗教のような存在であるからです(※自立した人間は静かに愛を実行しています)。

というわけで、多分、僕も祗園精舎さまも、さらなる自立が必要だと思われます。

読者A 16-04-24 (日) 12:17

ふぁんくん、こんにちは。

今は削除されてしまわれたようですが過去ログも読みました。いろいろ共感できるところが多く、読み返すことができないのが残念です。

僕も一時期は外国に居住し、帰国後、携帯を持っていませんでした。そしてそこからもし不利益が生じたとしてもミニマムでノマドな生を享受したいと考えておりました。ブラックバレットは着ていませんでしたが。

さらに奇しくも、僕は札幌駅東口に住んでいます。ブログに登場したフィットネスクラブに通っているような気がします(ホテルの地下?)

銀座のあたりはスリリングでした。

今回の記事に関しても、確かに合法性という枠組みは弱者連合であると思います。あるいは恋愛はプロパガンダかもしれません。

もうブログは半ば放棄されているようですが、君のブログは興味深かったと、一言お礼を言いたいな思っていたとところコメント欄ができたようなので書き込ませてもらいます。

では

ふぁんくん 16-04-27 (水) 14:35

読者Aさま

コメントありがとうございます。過去ログも細かくチェックしていただき嬉しいです。はい、ブログのコンセプトが当初より変わってしまいましたので、不要となったページは削除してしまいました。

ちなみにフィットネスクラブは、読者Aさまが仰るとおりのホテルの地下と札幌駅近の最大手に通っていました。札幌にはなんだかんだで5年ほど滞在していましたが、既に遠い昔のように感じ、とても懐かしいです。

最近は金を稼ぐことに集中していて、その合間に料理にハマっています。自炊が楽しいとは自分でも意外でした。その他、ファッションを大人なものに変えていきたいので勉強&実践中です。今後、ストリートナンパとワーカーナンパを国内外で精力的に活動していく予定です。

変なことを書きたくなったら、またこのブログを更新したいと考えております。

ぞなり 17-07-17 (月) 0:15

初めまして。唐突に私事に入ってしまうのですが、中学生のときに振った相手がいましたが、別れてからも向こうはメールをくれ、私はそれをずっと無視しておりました。しかしその間向こうは精神的に病んでしまい、風俗等もやったとか。その理由は私に起因すると久しぶりに会って言われ、もう私はただの懐かしい思い出のある人だと言われました。それで僕の方がしばらく病んでしまいましたし、その直後、私の家庭の問題で父親が浮気をしてしまったのですが、母親がそれについて一切咎めず、その理由は子供がいるからだと言い、ようやく愛情とは何かを理解でき、その中学生の時に振っても私に向き合い続けてくれた相手に今度は私が向き合い、受け入れてあげたいと思うようになりました。他人にこの過程を説明したりしても理解されないことが多いので自信が持てなくなる時があるのですが、ふぁんくん様のこの記事を読み、己の考えを明確化していただき、自分の考えに自信が持てました。偶然出遭った記事ですが、一言お礼をと思い、投稿させていただきます。今後も記事楽しみにしております。ありがとうございました。

ふぁんくん 17-07-17 (月) 7:29

ぞなりさま
コメントありがとうございます。
生き方に正解はありませんので、他人どうこうでなく、ぞなりさまの好きなように生きていってください。
こんな記事を書いていてなんですが僕のおすすめは、「陽に当たって・体を動かして・健やかに・朗らかに・楽しく」日々を過ごしていくことです。
最近の僕はオーダーメイトの服にハマっておりまして、スーツやシャツの理想の生地を探して、真夏の炎天下のもと汗だくになりながら、都心の百貨店や仕立屋さんを駆けずり回っています。

コメントフォーム
Remember personal info

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る