ホーム > 月間結果報告 > 2014年12月終了のお知らせ

2014年12月終了のお知らせ

2014年12月度の月間結果報告です。

2015年になりました。お正月といっても普段と何も変わらない生活をしています。僕は、新暦でなく旧暦を人生の指針としていますので、僕にとっての新しい年は来月4日からなのです。

12月(決算月)で1年を締めくくった後の、年が明けたこの1月が今年2015年に向けての準備期間になっています。

読者の皆さんが年末に大掃除をするように、僕はこの1月中に、書類や書籍等を可能な限り片付ける作業をします。頭の中の大掃除です。

特に、この正月三が日は静かで良いです。街の混沌が若干秩序立ち、雑踏が静けさに変わります。大気もどこか新鮮で美味しいです。慌ただしい仕事のメールも来ませんし。

2015年のテーマ

2015年は、”移動”と”変化”の年にします。たくさん移動をして、常に変化をし続ける1年にします。

先月は久しぶりに海外へ出張に出かけたのですが、やはりこういった機会は重要だなと再認識しました。「こういった機会」とは、”いつもと違う環境に身を置く機会”です。

20~24日まで台北に滞在したのですが、いつもと違う景色を見て、いつもと違う空気を嗅ぎ、いつもと違う言葉を聞いて話し、いつもと違う食べ物・飲み物を口にしていると、いつもと違う感情や考え方の自分に出会います。そして、その瞬間がとても新鮮なのです。

『生を実感できている』と言うと大袈裟ですが、生きている感というかリアル感というか1日の充実感がまるで違うのです。

五感に新しい刺激を与えてあげることで、第六感的な感覚も研ぎ澄まされ、いつものワンパターンな思考や、つい陥りがちな感情からも抜け出すきっかけになる気がします。

五感に刺激を与える方法はいろいろありますが、自ら未知の世界へ”移動”をしてしまうことが最も効果的だと感じています。それは、主体的・積極的に変化を望むことに他なりません。

今、時代は大きく転換しています。国家のハードリセットもあるでしょう。

時代の変化を捉えれらないもの、時代の変化を受け入れられないものは、経済的にも精神的にもジリジリと確実に追い込まれていきます。既に、それが顕著に現れてきているのです。

変化を強制させられて泣き喚くのではなく、自ら率先して変化し続けて時代の荒波をチャンスに変えたいと思います。そのために、”移動”が必要なのです。

2015年1月度の展望

”移動”と”変化”が2015年のテーマとなりましたが、この主題をきちんとこなすと、”進化”と”始動”が2016年のテーマになってきそうです。いやいや、これ楽しみしかない!

そういえば先日の台北行きの飛行機で、隣の席に美人さんが座っていたので片言の英語で話かけたところ、台湾メディアの新聞記者さんでした。名刺をもらったので帰国後メールをしてみたのだけど、返信なし。

海外出張ナンパもホントは早く始めたい。

最近の投稿
全ページへのリンク
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る