ホーム > 月間結果報告 > 2013年9月終了のお知らせ

2013年9月終了のお知らせ

2013年9月度の月間結果報告です。

9月度も新規ナンパゲットは0人。9月は冒頭から事件(・3・)に遭遇し、直近の予定どころか人生設計がグチャグチャになってしまったわけですが(未だに渦中でっせ)、空港から南国リゾート満開の那覇に来てからは、気分が少し開放的になったせいか、ちょくちょくナンパをしております。

とはいっても、『よし、今日はナンパするぞ!』といった感じではなく、散歩のついでや近所のコンビニやスーパーに買い物に行ったついでに、偶然街頭で擦れ違う女性や、店舗で働いている女性に声をかけています。

ワーカーでは、コンパニオン・銀行員・お弁当屋、お土産屋さんの売り子・デパガなどです。ストリートでは、OLや学生さん(多分)などです。

今のところこれといって進展もないので詳細は省きますが、ここで書いておきたいのは、「何かにチャレンジする際は、必ずゴール(目標)を設定して行う」ということです。ゴールを決めてから実行するのです。

ストリートナンパのゴール設定

僕はこの年になるまでストリートナンパをしたことがありません。緊張するし、とても恥ずかしいし、何を話して良いかわからないし、きっと気まずくなるだろうし、ちっとも成功のイメージが浮かんでこないからです。

そんな僕なのですが、なぜか、『全力で取り組めばできちゃうんだろうな』という自信は持っています。もちろん、失敗を山のように積むでしょうが、失敗はなかったことにするので、最後には成功しか残りません。

本心で心の底から本気で望めば、それを得るための手段や方法はいくらでも思いつくものです。例え他人と比較して、どんなに足りないものがあったとしても、それを補って余りあるほどのアイデアは生まれてきます。

ダメな人は、すぐに他力本願に走ります。『どこかに誰でも簡単に成功するウルトラなナンパテクニックはないか?』と。これを依存といいます。

自分の頭で考え、自分の体を使って行動し、実体感と客観的な数字を擦り合わせて磨き上げていかなくてはなりません。これはストリートナンパだけの話ではなく、ビジネスそして人生全般に言えることです。

さて、僕がストリートナンパをする際に設定したゴールを参考に記しておきます。このゴール設定はあくまで「第一案」であって、今後実践を重ね、実体感と数字を得ていく中で、当然ブラッシュアップをしていきます。

いくらでも複雑にすることは可能だったのですが、僕にとってストリートナンパは、本当に”はじめの一歩”なので、ごくシンプルに設定しました。

ゴール1:自分から目を逸らさない

前方から性的魅力を感じる女性が歩いてきたら、その女性の瞳から目をそらさずに、じっと見つめ続けます。視線が重なった時は、そのまま相手の女性が目を逸らすまで、絶対に自分から視線を外しません。

このとき、女性を”オンナ”としてではなく、単なる興味の対象としての1つの物体として観察します。これにより、不安・恐怖などの心の動揺は雲散霧消します。

この観察(カンサツ)こそがKEYで、頭のテッペンから足の爪先まで、じっくりジロジロと観察できればできるほど、精神的なマウント取ることができます。その後、余裕しゃくしゃくでじっと瞳を見つめ続けるわけです。

無事、自分から目を逸らすことがなかったら、ゴール1の達成です。

ゴール2:反射的(動物本能的)に声をかける

不安・恐怖がない状態から、反射的に声をかけます。このとき、まだ思考を働かせません。観察していた物体にふと声をかけるだけです。

全身リラックスした状態から、声をかける瞬間だけ下っ腹(腹筋)にグッと力を込めると、落ち着き払った低く通る声で第一声を発声できます。

声をかける理由は、ナチュナルなものなら何でも構いません。僕の場合は、『すみません、この辺に郵便局ありますか?』とか、『こんにちは、国際通りってどっち方面ですか?』などと道を聞いたりしています。

こういった道聞きにわざとらしさを感じてしまう方は、本当に道に迷ってしまうことです。これで自分自身に対する言い訳もなくなります。

その後の会話の内容や継続性は一切関係ありません。『すみません…』だけでもいいので、とにかく声をかけたのなら、ゴール2の達成です。

ゴール3:ちょっとした質問で絡む

相手の女性が何かを返答してくれたら(たいていは何か言ってくれる)、『遠いです?』『ダッシュで何分です?』『方向音痴でも辿り着けます?』など、どんなことでもいいので、その返答に対して質問で絡みます。

この道聞きに関しては、『地元の方ですか?』という質問が会話の広がりが期待できるキークエスチョンになります。

不信感を抱かれて、『忙しいので…』とそそくさと逃げられてしまっても構いません。女性が発する何かしらの返答に対して、再度こちらから何かしらの質問で絡むことができたら、ゴール3の達成です。

ゴール4:アプローチ(テストクロージング)をかける

ちょっとした質問によって会話をつなくことができたら、タイミングを見て、『県外から引っ越してきたので知り合いになってくれません?』とか、『飲みに行きません?』などとアプローチをかけます。

大事なことは、「何かしらのアプローチをかける」という点です。

このときのアプローチの意味合いはテストクロージングであり、このテストクロージングによって得た相手の反応を元に、臨機応変に応対します。

営業と同じでこのテストクロージングをかけないと、『実際のところどうなの?』が延々わからないし、相手だって『一体何の用?』になります。戸惑っているような場合は、『メル友でもいいので!』と柔らかくも強引に。

ここでは、会話の上手い下手や応酬話法の能力等一切関係がありません。とにかく何かしらのアプローチをかけたならば、ゴール4の達成です。

ゴール5:ケーバン・メルアド・名前(呼び名)をゲットする

テストクロージングから秀逸な質問を浴びせ続け会話を運び、時には応酬話法を用い連絡先をゲットします。名前(呼び名)も聞きましょう。

テストクロージングから先は「天賦の才」による部分も大きいですが、何度も失敗をしてパターンを掴むことで、自然と上手に応対することができるようになります。なぜなら質問を浴びせるのは自分なので、その質問に対する答えは、大抵いくつかのものにパターン化するからです。

しかしながら、ゴール4の(五体満足で日本語が喋れれば誰でもできる)テストクロージングを避け続けている限りは、その後の応酬をする機会すら得られないため、永遠にナンパ力はつきません。

ちなみに、応酬不要で『はい』と笑顔ですんなり言ってくれる素敵な女性もいます。見事に(運良く?)連絡先をゲットできたら、ゴール5の達成です。

その後の、ゴール6・ゴール7は?

さて、本来であれば、ゴール6・ゴール7と、即日セックスまでの段階を設定しても良いのかも知れません。しかしながら先に触れました通り、僕にとってストリートナンパは、本当に”はじめの一歩”です。したがって、「第一案」としては、この連絡先ゲットまでのゴール5までにしておきました。

この連絡先ゲット(リストの確保)さえ出来てしまえば、その後の面倒な人間関係の構築も、メールや電話でできてしまえるので楽でいいです。

実際のところ、連絡先ゲット後の展開方法は、合コンやワーカーなどと大して変わらないと考えています(まだ、確信はありませんが)。

ちなみに、現状の僕はゴール5まで行けるときもあれば、ゴール2で余計な思考が働いてしまい、つまずいてしまうこともあります。

2013年9月度の考察

那覇では時間がゆったりと流れているような気がします。

その分、仕事がはかどります。新たなビジョンを早急に描く必要性に追われたので、価値観と信念の再構築が急ピッチで進んでいます。価値観や信念が変わると、不思議と今まで見えていなかったものが見えてきます。

その例の1つとして、このブログを書く目的・意味・位置づけが完全に変わってしまったことが挙げられます。書き始めた当初の僕と、更新を続けている僕とでは、かなり前からズレが生じてきており違和感を覚えていたのですが、その原因も明確になりました。

そもそも「オナ禁」というキャッチーで刺激的な響きと、『オナ禁してナンパしたら面白くなりそう!』というアイデアから出発したのがこのブログです。

しかしながら、ブログ更新をはじめて早半年後に、「オナ禁&セックスをしても射精はしない」という断射生活50日を達成した時点で、僕の中でこの企画の魅力は、完全に終了していたようでした。

つまり、僕にとって「オナ禁」は、数あるナンパ企画の1つのアイデアに過ぎなかったわけですが、それをブログタイトルとして設定してしまったばかりに、オナ禁から興味を失ってしまった後も、その枠組の中で、その企画にこだわって、運営を続けていかなければならなかったわけです。

『ナンパのブログを書きたい』という気持ちは相変わらず強く、もっともっとぶっ飛んだ日記を更新していきたいのですが、そのためにも不要となった枠組みを全て取り払い、新しいコンセプトの元に、新しいブログタイトルで、全面リニューアルをする必要性があるという確信に至りました。

実は、もう既に新しいコンセプトは出来上がっており、新しいブログタイトルも微調整の段階まで来ています。そして次のコンセプトの元では、ふぁんくんは、より自由自在にナンパを展開し表現していくことが可能です。

ただ、やるべきことの優先順位があり、早急に諸々を準備・変更していくことができませんので、それまでは今までどおり、このまま気が向いたときに、気が向いたことを書き記していきたいと思っています。

なお15日には、久しぶりにデリヘル嬢を呼んでいます。AKB好きの18歳でちょっと会話が下品な子。料金は、入会金込み(指名料なし)で60分15,000円。本番は100万円でもNGとのことで口内射精でした。

2013年10月度の展望

僕には、創造したい世界が3つあります。その1つがこのナンパブログなのですが、同じように活動していきたいテーマが他に2つあります。それは、以前の日記にて「フェーズ1・2・3」でご紹介したものです。

この3つは、いずれ有機的な繋がりをもって、僕に他の誰にも負けない程の、充実した素晴らしい人生を経験させてくれるものと理解しています。

那覇に来てから、ちょこっとナンパをしてみたりしてますが、思いがけずに上手くことが運んでしまい、例え即日ゲットができたからといって、そういったことは僕の壮大なビジョンの欠片でしかあり得ません。それらに全力投球する前に、やっぱりやるべきことがあると気づきました。

あちらこちらと散々さまよっていた僕の意識・無意識も、京都を出て那覇に来るタイミングで、やっと目覚めた感があります。10月度は、僕が思い描いているビジョンに向かって、ガンガンに現実を変革していきます。読者の皆さんも、面白可笑しく興味深い人生を共に追求して行きましょう。

最近の投稿
全ページへのリンク
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る