ホーム > 観察と考察と報告 > 緊急近況報告と今後の決意

緊急近況報告と今後の決意

はい、ご無沙汰しております。ただいま那覇に来ています。

本当は5日より那覇に転居する予定だったのですが、身から出た錆でトラブってしまい、一旦那覇行きを取り止め(航空券とビジネスホテルをキャンセル)、京都から地元にほど近い埼玉県の本庄市にとんぼがえりをして、14日まで老朽化したビジネスホテルにてひっそりと滞在しておりました。

現在も引き続きその渦中におりまして、この事の顛末はケリがつき次第、まとめてご報告したいと考えております。

確実なことは、僕のアマちゃんだった人生設計は白紙となり、今後の生き方を大きく転換する必要に迫られたということです。過去の生き方の延長では、最底辺の人生で一生を終えるのが見えました。

僕は、「平凡でありふれた幸せな人生」を望んでいるのではありません。

谷あり山ありの、ハラハラドキドキワクワクの、冒険と挑戦に富んだ人生を望んでいます。とことん突き抜けて、湯水のように使っても使い切れない金と、両手に抱えきれない極上のイイオンナを手中にし、いずれは全てを手放し、静かに書を読み物を書き、穏やかな隠遁生活を望んでいます。

僕は、(特段失うものもないのに)キレイに生きようとし過ぎていました。

このブログもキレイに書き過ぎているような気がしています。やはり心のどこかで、見栄や体裁・恥や外聞を気にしていて、本来の自分を良く見せようと格好つけて書いています。

しかしながら、僕の人生もあなたの人生も、やがて終える日がきます。その確率は100%です。そしてその日から100年も経てば、最早この地球上に、僕のこともあなたのことも、直接知っている人間は皆無でしょう。

ですので、もっともっと、みっともなく生きても、がむしゃらにもがきながら生きても、別にいいのではないか?と思うのです。

例え、人様からバカ呼ばわりされようが、自分勝手だと罵られようが、子供だと見下されようが、全然構わないと思うのです。

おそらくこのブログの読者さんは、「平凡でありふれた幸せな人生」に疑問を抱いている方も多いハズです。感性の鋭い方は、それが偽物で作られたものであることを直感的に理解していることでしょう。

僕は、臨終にて、『そう悪い人生でもなかったよな。そう悪くは…』と無理矢理自分自身に言い聞かせて死んでいくことに物凄く抵抗があります。どちらかというと、道中にて灰となるまで燃え尽きてしまいたいくらいです。

僕は、これまでのチマチマした人生からダイナミックでエキサイティングな人生に方向を転換していきます。しかしながら、心底納得できていないことを中途半端に行ってみても混乱してしまうだけです。

ですので、まずは僕の価値観(ものの見方や考え方)や信念を塗り替える作業に入ります。確実なことは、このままの僕では、これまで通りの冴えない人生しか送れないということです。僕には大きな野望があるのです。

ここ最近、大きな時代の変化が訪れるのではないか?と、いつもどこかソワソワしていたのですが、大きな変化は僕自身に起きてしまいました。

最近の投稿
全ページへのリンク
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る