ホーム > 質問・要望と回答 > ご質問への回答!その5

ご質問への回答!その5

ご質問への回答!その5です。良いご質問をいただきました。

いつも楽しくブログ拝見させていただいております。ブログを見ていまして、ぜひお聞きしたい質問がありますので、宜しければご返信いただけますと幸いでございます。ブログの内容を見ていますと、短期勝負の考え方という風な捕らえ方で私自身ブログを拝見させていただいておりますが、(SEXをしたいと相手に伝えてクロージングをかけて様子を見るという部分が)ここで問題になるのが、早期にクロージングをかける事によるリスクの部分はどういう風にお考えでしょうか。当然、外見上、綺麗で可愛い異性が当然誰もが良いと思う可能性が高いですが、早期にクロージングをかける事によって中長期的に考え、行動した場合、落とせたかもしれない異性を落とせなくなるリスクが存在するかと思います。特に異性慣れしている魅力的に見える女性達。(あくまで私自身が魅力的に見えるという判断をしているだけなのですが…。)そういう傾向がある様に感じております。この部分についてはどの様にお考えになりますでしょうか。

まず、「クロージング」と「テストクロージング」の違いについて理解していただく必要があります。

クロージングとテストクロージング

「クロージング」とは、『弊社とご契約いただけますか?』、『僕と付き合っていただけますか?』、『僕と結婚していただけますか?』のことです。やるべきことを全てやった後の最終的な意思確認であり、『はい(もしくはいいえ)』の返事をもらい完結させるのがクロージングです。

ナンパのゴールがセックスの場合、このクロージングは不要です。『僕とセックスしていただけますか?』と意思確認する人はいないと思います。僕もこんな野暮ったい「クロージング」はかけません。

次に、「テストクロージング」ですが、これは『あなたに性的な興味がある。やりたい。』ということを、様々な言動で暗に伝えることです。決して、性的な興味を隠すことはしません。真摯ぶらないし、誠実ぶらない。

黙ってみつめる・手をギュッと握る・寄り添う・耳元で囁く・髪を撫でる・過去の恋愛をほじくる・セクシャルな質問をする・ラブホ街に向かう・車の助手席に乗せたままホテルにIN、など全てテストクロージングです。先日の、『アルファイン行こう』という問い掛けもただのテストクロージング。

僕はよく、待ち合わせ場所を自宅近くに指定して、面会直後に世間話をしながら、そのまままっすぐ自宅に向かうことが多いのですが、もちろんこれもテストクロージングです。要は、『このまま僕の自宅に連れてってセックスするよ』を、このような行動で暗に女性に伝えています。

何度も書いていますが、このテストクロージングは、女性の反応を得るためのものです。複数のテストクロージングを繰り出すことで、価値ある意外な反応を得ることができます。それらの反応から、ターゲット女性の価値観や今現在の心理状態を知ることができるわけです。

テストクロージングへの誤解

で、テストクロージングによって、女性との関係が冷えてしまう危険性があると思われる方がいたら、それは「テストクロージング」を誤って解釈しています。反対に、女性との関係は温まるものなのです。

なぜなら、テストクロージングによって、女性の「心」と「体」のガードを、1枚1枚確実に剥ぎとっていくことができるからですね。

よりセクシャルに、よりきわどいテスクロになればなるほど、本心・本音の反応をあぶり出すことができるので、それらの反応を的確にフォローすることで、2人の距離を一気に縮める結果に至ります(的確なフォローの仕方は、実践で失敗を繰り返してご自身の体と感覚で掴んでくださいね)。

セックス前はお互いが緊張していても、セックス後はお互いがリラックスするのと同様で、テストクロージングをかける前と後では、このように2人の関係性を変えてしまうことが可能なのです。

そもそも女性の方が、セックスを筆頭とした「気持ちいいこと」が大好きだし貪欲に求めてきます。男性同士は冗談っぽくしかエロい話をしませんが、女性同士はリアルでドエロい描写も平気。エロの受容能力が高い。そして、男女間は僕らが漠然と考えているより、もっと動物的で本能的です。理屈先行では、いつまで経ってもこのことが理解不可。

雑誌の特集でありがちな、「(女性に対する)恋愛・セックスに関するアンケート結果」などを信じてしまっちゃダメですよ。あれらは対外的で表面的な、世間の目を意識した意見でしかありません。

あなたが知らなくてはならないのは、女性の本心・本音であり、本人が認めたくない反倫理的・反道徳的な欲望・願望であり、本人が自覚できない深層心理や生まれつき遺伝子に刻まれている情報なのです。

結果として短期になる(中長期は単なる逃げ)

僕は短期勝負を挑んでいるのではなく、結果として短期になっています。なぜなら、時間の許す限り、テストクロージングをかけ続けているからです。そして、中長期でゲットを狙うというのが、全く理解ができません。

短期勝負の方がリスクが高く、中長期勝負の方がリスクが低い。とする判断の根拠が不明。僕らは超能力者じゃないのだから、勝手に『短期は危険、じっくり中長期で』と決めつけないで、とにかく初回からテストクロージングかけ続けて、その都度反応を得ていくしか術はありません。

特に、女性のココロはコロコロと本当によく変わる。さっきと今では脈のありなしが変わる。つまり、1回や2回そっけなくされたことで、『ダメか…』と勝手に決めつけてしまわないで、間を繋いで、3回・4回、10回・20回と、変化に飛んだテストクロージングをかけ続けるのです。

すると、自分でも『えっ!本当?』と驚いてしまうような経験を積むことになります。自分の理屈や想像を遥かに超えた展開に遭遇するわけ。

このような経験を沢山積んでいる方が、『今回は中長期でいこう』とするのなら理解できます。しかしながら、このような経験(テストクロージングをかけまくって理屈や想像を遥かに超えた経験)を全く積んでいない方が、『今回は中長期で』というのは、単にビビって慎重になっているだけのこと。要は、「中長期戦略」という逃げをうっている臆病者ですね。

ちなみに、綺麗で可愛い女性であればある程、ガンガンテスクロをかけて即日ゲットを狙わなくてはなりません。だって、そんな”イイオンナ”が、何度も何度も貴重な時間を割いてあなたとデートしてくれるとは限りませんから。『次はなくて当たり前』と思っていた方がいい。

あなたが彼女にとって便利な存在やお財布でないのなら、面会のアポをとる方がセックスをするよりもよっぽど難しいものなのですよ。

美しい女性というのは、1歩家の玄関を出た瞬間から、セックスに飢えた野郎共に、朝から晩まで1日中狙われ続けているのです。ストリートでも電車の中でも職場でもアフターファイブのプライベートでも。

そして、実際に1日に何人もの凄腕ナンパ師に声をかけられているわけです。金に物言わすエリートや権力を持った職場のエロ上司もいる。彼らはナンパ力や金銭力・権力で時間を大幅に短縮してきます。戦えます?

結婚を前提とした真面目な恋愛がしたいのなら、「いい人」を演じて中長期戦略でも良いと思いますが、目的がセックスでゴールもセックスであるのなら、セックスできるときにセックスをすればよいだけのことです。

口説きの「在り方」が参考になる書籍

これを書いていて思い出したので、最後に書籍を紹介します。1円です。

女にモテたきゃ男を磨け – 安藤 昇(著)

女性を口説く際の「在り方」がとても参考になる書籍です。「テクニックうんぬんではなく、どうあるべきか?」ですね。例えば以下の文章です。

単刀直入に、「俺と一回やらせてくれ」と頼む度胸があればそれで十分だ。

(中略)

男と女は、一回限りの真剣勝負。どうしてもその女をものにしたければ、下手な小細工はせずに、その気持ちをストレートに伝えればいい。ムチャクチャなことを言うようだが、この言葉、女に対する立派な口説き文句だと俺は思う。だいたい、男が女にやらせてくれと言うのは、女に対する最大の讃辞なのだ。というのも、男のこの言葉は、「あなたは美しい。素晴らしい女性だ。男として生まれたからには、ぜひとも、あなたのような素敵な女性と一夜をともにしてみたい」ということを言葉をかえて言っているだけだからだ。それを「失礼ね」と言うのは、そんな男の気持ちをわかろうとしない女の方が悪い。

僕の場合、直接『やらせてくれ』とは口にしませんが、まさにこのような「在り方」でもって、テストクロージングをかけています。先にも書いた通り、『あなたに性的な興味がある。やりたい。』を、様々な言動でもって暗に伝えています。安藤昇さん曰く、「最大の讃辞」の連打です。

最近の投稿
全ページへのリンク
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る