ホーム > ネットナンパ > ライブドアYYC

ライブドアYYC Archive

「YYC」退会しました

先日の32才シングルマザーさんからメッセージが届き「YYC」にログインしたついでに、「ウインク」「タイプ」「足あと」の履歴にあった、写真がイイ感じの女性にもメッセージを送っていました。

うち数人から直アドに返信があり、2日には32才の居酒屋店員さんと札駅で面会後、僕の自宅にてお口でご奉仕してもらいました。

ご奉仕の最中に彼女が持病を抱えていることを知り、僕のテンションはガタ落ちしたけど、豊満な胸を両手で鷲掴みしながら口内射精をして終了。

5日には25才のケータイショップ店員さんとこれまた札駅で面会後、近所の居酒屋で飲むも「イタイ存在」だったので早めに切り上げて帰宅。毎度のことだけど、写真と実物が違いすぎて困る。それと、あんま言いたくないけど、歯が汚いのとかありえないです。なぜケアしないの?

そんなこんなで9月に入ってから、1日・2日・5日と「YYC」にて面会三連発をしたわけですが、実感としては『時間がもったいない』につきます。

「メッセージ」「ウインク」「タイプ」で「YYC」から次々メールが届いてしまうことで、結果として僕は生活リズムを崩しています。女性と面会する度に、「思考」「感情」「呼吸」「脈拍」を少なからず乱していますし、『またか…』と暗澹たる気持ちになってしまうこともあります。

僕にはもっとやるべきことがあるのです。こんなところで時間を消費し、リズムを乱し、気分を落としている場合ではありません。

というわけなので、5日をもって「YYC」を退会致しました。まだポイントが残っていたけど、僕の時間の方がよっぽど大事。これでもうメールが届くこともありません。

とにかく出会い系サイトには、「イタイ存在」や「不健康な存在」が多い。

このような存在との接触には注意を要するので、出来る限り避けたい場合は、『心身共に健康な方で、きちんとしたお仕事に就かれている方(学生・主婦の方除く)』と条件を明記しておくと良いです。僕ならそうします。

32才のシングルマザーをスルー

8月31日に「YYC」にて『飲みにいこ』という5文字のメッセージをもらった32才のシングルマザーさんと、翌日の9月1日に面会してきました。

もう「YYC」は会員登録しているだけの状態でログインすることもないのですが、「メッセージ」や「ウインク」、最近では新機能の「タイプ」をちょくちょくもらいます。どこから僕を探してくるのかは不明。

女性から何かコンタクトがあった場合、一応気になるのでプロフィールを覗くわけですが、大変失礼ながら、大抵は僕の性的対象外の女性なので、何もアクションを返さないことが多いです。

でも、このシングルマザーさんのプロフは、スタイル抜群の”イイオンナ”風に仕上がっていたので、『こっちにメールして』と僕のケータイ直アドをメッセージにて返信していました。

すると、頼んでもいないのにいきなり写真を送ってきて、それが結構な美人さんなうえに、セックスしたくてしょうがなさそうなメールのやりとりになっていたので、面会することに決めました。

と、ここまでは良かったのですが、待ち合わせ場所を札駅に指定した後、『やっぱり●●まで来て』とことあるごとに駄々をこねてきたので、ヨシヨシとあやしながら、やっと札駅の東口で待ち合わせることになりました。

彼女と面会後、何気ない会話をしながら僕の自宅まで真っ直ぐ向かったのですが、ここからが問題です。まだ駅の構内を出てもいないのに、『まだ着かない?』『後、どのくらい?』とイチイチうるさいのです。

しかも、酒枯れたガラガラ声でトーンもでかいし、喋り方や歩き方を含めた一挙手一投足が下品でガサツ。だんだんと隣で歩いているのが嫌になってきたところに、『まだ歩くの?もう見える?』としつこい。

なので、『おまえウルセーな、黙ってついてこいよ』と伝えるも、グダグダ言っていたので、その場から足早に立ち去りました。あ~、ホッとした。

無言で立ち去るのが一番

世間にはズレちゃっている人で溢れています。

何がズレているのかは人それぞれだけど、要は現実を正しく認識できないがために、歪んだ反応・対応をしちゃう人です。言動に美的センスがなく存在そのものがダサい、知性を一切感じないのも特徴。

当然、自覚がないからズレたまま平気で日常生活を送っているわけですが、傍から見ると眉をひそめたくなるというか、大変イタイ存在です。

でね、もしこういったイタイ存在に接触してしまったら、眉をひそめる前にその場からスッと立ち去るのが一番です。僕の場合、例え外食中であっても隣にズレた人間が座ってきたら、即刻箸をおいて店を出ます。決して、隣にいる「イタイ存在」を黙認して食べ続けることはしません。

なぜかって、ズレた人と一緒の空間にいると、「思考」「感情」「呼吸」「脈拍」が乱れるからですね。ノイズが侵入してくるイメージ。

そして、一度乱れたものを整えるには時間がかかります。場合によっては、1晩寝ただけでは元の状態に戻らないこともあります。

僕は、僕の「思考」「感情」「呼吸」「脈拍」を乱す人間を許しません。何を許さないかというと、僕の時空への接触です。時間を消費させず空間へ侵入させない。そういった理由で、その場から足早に立ち去るのです。

ズレちゃっている「イタイ存在」一覧

これまでの経験からすると、以下系統の人たちは「イタイ存在」である傾向が非常に強いです。

  • 生活保護受給者(ナマポ)系
  • いい年して親の扶養・庇護下系
  • しなびたスナックアルバイト系
  • 割り切り(援助交際)生活系
  • パチンコ(パチスロ)依存系

共通しているのは、「きちんとした仕事をしていない」という点です。この「きちんとした仕事」をしていない時期が長くなればなるほど、ズレ幅が大きくなっていきます。

これ書いていて思ったのだけど、やっぱり「仕事」は自分磨きに必要ですよ。でないと、ドンドン堕落していきます。本人の自覚がないままにね。

こんな捨てゼリフをいただきました

現場から立ち去って自宅に到着した頃、このシングルマザーさんから『おまえ短気なんだよ』とメールが届きました。

自分で抱いた感情を自分の中で整理できない不自由な人間の典型的な行動パターンです。メールでの「捨てゼリフ」って本当によくある。

で、もしあなたがメールに限らず、電話でも直接の対話であっても、こういった相手の言動に「イラッ」と来てしまったら、その人間と同じレベルの領域に住んでいることの証明になります。

僕は立ち去る前に、『彼女を自分の領域に入れない』と決めているので、このようなメールが届いても本当に何も思いません。消去して終わり。

自分と全く関係のない人間が、自分の全く関係のない領域で『わんやわんや』と騒いでいても、全くもって「どうでもいいこと」ですよね。

39才のクラブホステスをスルー

昨日の夜、久しぶりに新規の女性と面会してきました。相手の女性は、YYCでメッセージを送ってくれた39才のクラブホステスさんです。

送ってくれたビキニ写真が杉本彩を細身にしたイイ感じで、しかも『欲求不満』とのことだったので、僕がその彼女の欲求不満を十二分に解消してあげようと思い会う約束をしたわけです。

続きを読む

YYCにサクラは本当にいない?

先日の9日(月)にYYCのポイントを追加購入しちゃいました。前回と一緒で5,250円(5,500ポイント)の購入です。

『女遊びするぞ!』モードから、『仕事で稼ぐぞ!』モードに切り替えていた僕がついついポイントを追加購入してしまった理由は、「ウインク」と「メッセージ」のお知らせメールに釣られてしまったからです。

続きを読む

YYC体験まとめ報告その2

昨年末の12月30日に追加購入していた5,250円分のYYCの5,500ポイントが昨日終了しました。残ポイントは寂しい「1」です。これで、メッセージを送るどころかプロフィールも覗けなくなりました。

そこで、12月30日~3月8日までの計70日間で活用したワイワイシーを、【YYC体験まとめ報告その1】に続き【その2】としてまとめておきます。

続きを読む

20才の女子大生の話相手になる

昨晩、YYCでウインクをしてくれた20才の女子大生と面会しました。

彼女はとても慎重な子だったので、当初の1週間は携帯の本アドを教えてもらえず、フリーアドレスでメールのやりとりを行なっていました。また、メールの返信もままならない子だった為、なかなか僕のペースに持ち込めず、正直「会う」ことはほとんど期待していませんでした。

続きを読む

17人目:36才専業主婦(人妻)

昨日の夕方過ぎ、17人目と合体しました。相手の女性は、また×15「YYC」でウインクをもらっていた36才の専業主婦(人妻)さんです。

彼女からは熱心にアプローチを受けていたのですが、札幌からバス&電車で3時間程かかる遠方に住んでいましたし、まだ小さいお子さんもいたので、札幌まで来てもらうわけにもいかず、「保留状態」になっていました。

メールでは、『いつでも家に遊びに来ていいよ』とも言われていたので、『旦那さんが仕事に出かけた直後の人妻宅の夫婦ベッドでセックスをして、こっそりセクシャルマーキングを施したいな』と本気で考えていたのですが、どうしても1日を潰す時間が惜しくて悶々としていたわけです。

そんなとき、『札幌に買い物にいくから会えない?』と彼女からメールが届きました。どうやら実家で子供を預かってもらえることになったらしいです。

というわけで、僕の自宅マンションから1分もかからないコンビニで待ち合わせをし、そのまま自宅へ連れていきセックスをしました。

36才専業主婦(人妻)さんとの勝負ポイント

今回スムーズにセックスをしたような印象を受けるかも知れませんが、自宅へ連れてきてから予想外の苦戦をしています。前日の【26才の派遣事務員で不戦敗】に続き、「2連敗」が頭をよぎった程でした。

なかなかキスもできなったので、『ムリかも…』と弱気になった瞬間もあったのですが、以下の攻防を制してセックスに至りました。

  • 強引に唇を奪い舌を絡める
  • 女性の手を取り陰茎を握らせる
  • パンストと下着を一気に剥ぎ取る

強引に唇を奪い舌を絡める

キスは1度や2度どころか10度断られても、荷物をまとめて帰られてしまうまで何度も懲りずに試みます。昨日も7~8回断られてます。

例え、顔を背けられても追いかけ、片手で頭を固定してでも強引にキスはするものです。唇を奪った後はそのままディープキスに持ち込み、少し落ち着いたら『舌出して』と女性からの能動的なキスを求めます。

唇を奪っている間は、空いている手で胸や尻や股間をまさぐります。まずは服の上からですが、地肌に直接触れることで空気は様変わりします。

キスがスイッチになる女性は多いので、まずはどれだけ断られても試しにキスをしてみるのです。敏感な女性はキスをした瞬間から体の力がフッと抜け、トロ~ンとした目つきのメスに豹変してくれます。

女性の手を取り陰茎を握らせる

女性の手を取って堂々と自分の股間に誘導し、ビンビンになった陰茎を握らせます。最初は衣服の上からでもいいですが、さっさとボトムスを脱ぎ捨て直接握らせてしまった方が効果的です。

『なにっ?!なにっ?!』という慌てた反応もあれば、『キャー!』みたいなビックリ仰天の反応もあります。

あなたの手を振りほどいて帰ってしまう以外は、どんな反応でも構いません。すかさず強めの口調で、『ちゃんと握りな』と命令します。

勝手に手を離してしまった場合は、『離すなよ』と再度命令ししっかり握らせます。その後は、撫でてもらったり上下に動かしてもらったりもします。

パンストと下着を一気に剥ぎ取る

ストッキングとパンツに同時に手をかけ、一気に下着類を剥ぎ取ります。もちろん抵抗してきた手はパパッと払いのけ、いとも簡単に脱がしてしまうところが肝心です。『もう抵抗できませんよ』ってことです。

恥ずかしい部分が丸出しになった時点で覚悟は決まります。後はこのままセックスに至りますが、大抵女性の陰部も準備OKになっています。

さて、上記3つのポイントはやはり「憎めない強引さ」です。

何度も僕が言っている「強引さと柔和さの押し引き」です。強引なだけだと、一歩間違ったら無理矢理になってしまうので勘違いしないでください。

何度経験してみても不思議に思う

僕はいつも本当に不思議に思います。

散々抵抗していた女性であっても、卑猥な言葉を連発したり、恥ずかしい命令に従順だったり、貪欲に快楽を求めてくることが多いです。要は、めちゃくちゃ積極的にセックスを楽しんでくれるわけです。

今回も、キスの段階で7~8回お断りされているわけですから、普通の男性だったら『今日はダメか…』と諦めてしまう場合も多いと予想します。

おそらくですが、そのくらいのことで諦めてしまう”ナヨイ男”は、女性にとって魅力的じゃないのだと思います。

また、男『セックスしたい?』、女『はい』の100%合意の上でのセックスだと、女性自身に対して何の言い訳もできません。『強引にやられちゃったから』という自己説得が女性には必要なのでしょうね。

今回は、膣外射精というかミスって漏らしてしまったので、またまた断射日数はリセット。出費はなし。

26才の派遣事務員で不戦敗

実は、先日26日の【16人目GET!26才薬剤師】さんが帰宅した日の夕方、YYCでウインクをしてくれた26才の派遣事務員さんと、急遽予定外のアポが取れ面会をしてきました。

今回はランドマークのさっぽろテレビ塔にて待ち合わせをし、彼女を車(シェアカー)で拾った後、『宅飲みしよう』とコンビニでアルコールとつまみを一緒に買って、いつものように自宅マンションに連れていきました。

続きを読む

16人目:26才薬剤師

昨日のダブルヘッダー2人目です。2人目の女性は、また×14「YYC」で知り合った知的でアクティブでフェミニンな26才の薬剤師さんです。

今回は、僕のマイページに表示されていた「足あと」がきっかけになっています。彼女は裕福な家庭のお嬢様らしく、国内・海外を問わず頻繁に遠出をする女性です。現在は、札幌から5時間もかかる田舎町で仕事をしているのですが、札幌の僕のところまでごく普通に会いに来てくれました。

彼女は、CanCanを愛読するコンサバ系のお嬢様だったので、いつになく興奮してしまい夜中に3回・朝起きがけに1回の計4回もセックスを楽しんでしまいました。顔は僕のタイプとは違ったけど、知的でドMで敏感な反応する美しい肉体を堪能し、かなり満足しました。

「重い」セックスと「ハッピー」なセックス

僕がこの女性と楽しくセックスができたのには、理由があります。それは、この子が「自立した女性」であったからです。

彼女には行動力があり決断力があり自分のしっかりとした考えがありました。こういった子は他者に過度に依存しないし、責任の転嫁もしません。

このように、精神的に自立している女性でないとセックスは楽しめないのです(※共依存の関係で成り立つセックスを純粋に楽しむことは不可)。

「日々の寂しさや不安を紛らわせるためのセックス」「愛情や理解を求めるためのセックス」「自分の存在や必要性を確かめるためのセックス」「何かしらの代償を無言で求めるセックス」…など、純粋に人生を楽しむための行為としてセックスを行える女性はとても少ないです。

また、上記のような何か欠けているものを埋めるためのセックスは、ずしりと「重い」です。何かが欠けている女性とは簡単にセックスすることができますが、あなたは「その欠けた何か」に触れざるを得なくなります。

勝手に傷ついてしまうことも多いので、そのような女性の取り扱いには十分注意しなくてはなりません。できればメールの段階で関係をやんわり絶ちたいところです。

ワイワイシーのプロフィールページを例にあげると、自ら「ロマンチスト」「寂しがり」「優柔不断」と記載している女性は要注意ですね。

その反対に、こちらに何の気も使わせず、明るく楽しくセックスを楽しむことのできる女性と出会えると、共にハッピーな気分になれます。こういった女性は、両親から溢れんばかりの愛情を受けてすくすくと育っています。この両者の違いは、会話をしてみるとすぐにわかります。

使用済みコンドームを漁る看護師の話

この子は大学の関係で、医師や看護師など医療現場の友人・知人が多いらしく、とても興味深い話を聞きました。

やはり医師(先生)と看護師さんたちの肉体関係はすごいことになっているらしく、中には妊娠の既成事実を作り先生と結婚をするために、セックス後にゴミ箱に捨てた使用済みコンドームからこっそり精液を取り出し、自分で膣内へ注入する強者の看護師さんもいるそうです。

いやはや凄い話ですね。今回は、膣外射精(口内射精含)をしたので断射は0日。出費は、飲食:1,785円。

名器に感動!

ちなみにこの薬剤師さんの膣は頻繁に収縮痙攣する名器で、深く突く度に「キュゥー」っと締め付けてきます。一滴残らず精液を絞り取られてしまいそうな締め付けは感動ものでしたよ。彼女の膣は男を虜にしますね。

それにしても、初回面談の当日セックス…最近失敗してないな~

15人目:43才専業主婦(人妻)

昨日は、今月2度目のダブルヘッダーを行いました。

1人目は、また×13「YYC」で知り合った43才の専業主婦(人妻)さんです。ついに、40代の熟女にも手を出してしまいましたよ!

最近は、自分からアプローチをかける時間も暇もなく、やっていることは「足あと」のお礼と、「ウィンク」や「メッセージ」への応対のみです。

今回も、彼女の方からメッセージが届いたので、写真をもらった後に即日のアポを取りました。『車で行く』とのことでしたので、自宅マンションの隣を待ち合わせ場所に指定し、そのまま僕の部屋に連れて行きました。

43才の彼女は、華奢なボディと端正な顔立ちのおっとりとしたナチュラル系です。旦那さんとも定期的にセックスをしているとのことでしたので、”女”を捨てずに年齢を重ねてきた感じがします。

自室に招いた直後に体を求めると一瞬戸惑いを見せましたが、強引にご奉仕をさせセックスをしました。見た目とは裏腹に複数のエロテクを披露してくれたので、おそらく旦那さんにじっくり仕込まれたのだと思います。

43才専業主婦(人妻)さんとの勝負ポイント

よくプロフィールページに、『H目的お断り!』、『セフレは求めていません』といった記載をする女性がいます。この専業主婦さんもそうでした。

この文言を真に受けて、セクシャルな会話を避けたり、妙に紳士ぶってはいけません。慎重になったり・かしこまったり・遠慮したらダメなんです。

なぜなら、確固たる意志を持っている女性は、いちいちこのような記載を行わないからです。「H目的お断り!」「セフレは求めていません」と書いておくことによって男性を牽制しているつもりなのですが、実際に牽制できるのは、ここでも”ナヨイ男”のみなのです。

ちなみに強者ナンパ師には、『H目的お断り!』、『セフレは求めていません』という文言は、以下のように聞こえています。

『私は意志の弱い優柔不断な女です。もう何度も好きでもない男性に強引に迫られつい体を許してしまいました。また迫られてしまうとやっぱり体を許してしまうと思うので、絶対に絶対に軽い気持ちで迫ってこないでください。お願いしますm(_ _)m』

要は、「格好の獲物」なわけです。

これは、「訪問営業」を牽制するために玄関口に貼り付ける、『セールスお断り』のステッカーと全く同じです。このステッカーが有効なのは、「しょぼい営業マン」のみで、「スゴ腕営業マン」には逆に『チャンス!』とやる気を与えてしまっています。

なぜなら確固たる意志を持っている方は、営業マンを怒鳴り返すか、その場でその営業マンから名刺をもらい、営業マンの目の前で会社の社長に取り次がせ、『おまえのところのクソ営業をどうにかしろ!』と説教し、もう2度と足を運ばせないように、きっちり対処するからです。

そういうことができない、つまりは「断れない」からこそ、『セールスお断り』のステッカーを貼っているわけですね。

『H目的お断り!』、『セフレは求めていません』の記載と、『セールスお断り』のステッカーは、いずれも「意志の弱さ」「優柔不断な性格」を表明してしまっているのと変わりはないのです。

ですので、男性を牽制するようなプロフィールに出会ったら、「紳士にいこう」ではなく、「ちょっと強引にいこう」が正解です。これポイント!

自称カメラマンのよくあるナンパ手口

この専業主婦さんに、浮気の経験を聞いてみたところ、今回を除いて過去に1度だけ浮気をしたことがありました。

その相手は、昨年の秋にツイッターで知り合った30代の自称カメラマンです。なんでも、頻繁に個展を開いている(自称カメラマン談)らしいです。

ナンパの手口は、「撮影モデル募集」です。

『被写体になって欲しい』と持ちかけ、自宅やラブホテルなどの密室に連れ込み、ポーズを求めながら徐々に服を脱がしていき、その流れで最終目的の「ハ●撮り」までしてしまう有り触れたナンパ手口ですね。

しかも、この自称カメラマンの鬼畜なところは、『無精子症だから』とこの人妻さんに膣内射精を行なっているところです。その後、連絡を取っていないとのことだったので、完全に確信犯ですね。

おそらく彼は、同じ手口で撮り溜めた「他人妻種付けコレクション」を眺めて、人妻の膣内へ射精した征服感と旦那への優越感に、夜な夜な浸って興奮しているのでしょう。

今回は、膣外射精をしたので断射は6日でストップ。出費は、飲食:240円・駐車場代:200円の計440円。25日は、【11人目GET!24才パティシエ】さんとセックスをしました。射精・出費は共になし。

続いて、ダブルヘッダー2人目です!

最近の投稿
全ページへのリンク
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る