ホーム > 月間結果報告 > 2015年5月終了のお知らせ

2015年5月終了のお知らせ

2015年5月度の月間結果報告です。

ゆっくり書いている時間が惜しいので、さくっといきます。

5月上旬、マレー半島縦断の旅の影響も薄れていき、いつもの刺激のない惰性の日々が戻ってくる。中旬以降、「これじゃいかん!」と5/17~26までウィークリーマンションを借りて京都で過ごす。

今回行った場所は、大原(三千院・宝泉院・寂光院)、嵐山(法輪寺・天龍寺)、伏見稲荷大社、宇治(平等院鳳凰堂)など。いつものように歩きまくったのだけど、京都の5月下旬はもう暑い。京都にいくなら5月の上旬までと思った。

毎回、部屋の中を綺麗に掃除&整理整頓して余分なものを片付けてから旅に出かけているのですが、旅から帰宅してみるとそれまで惰性で過ごしていた自宅の空間が少し違って見えています。

いつもと環境の異なる空間に身を置いている間に、自分の中で自分でも自覚できない何かしらの変化があるのだと思われます。

徹底的に片付けて旅に出かけるのですが、帰宅するとさらに片付けるものが見つかり、思考や空間が洗練されていくのです。僕は、旅に出れば出るほど、所有物や思考のゴミが減っていくものだと実感しています。

仕事とその結果について

ブログを書き始めた当初から、「最低でも月に1,000万円は稼いで、半分の500万円を納税しても500万円がお小遣い」と思っていました。

ところが、(少しずつですが)確実に会社の売上と個人の収入が上がっていき、自由になるお金が増えてきたところで、僕の生活はあんまり変わっていきません。

まず物欲がほとんどないのです。

必要だから買うことはあるのですが、単純に「欲しい!」というものがないのです。今だって「絶対に欲しいモノ」はなくて、しいていえば服や靴など身につけるものにお金をかけたいくらいです。

じゃあ、「そんな仕事をして、お金を稼ぐ必要がないじゃん?」と思われるかも知れませんが、そうはいきません。

僕は、この世の中でもっともリアル(現実)な動きをするものがマネー(お金)だと考えています。お金こそが現実を映す鏡なのです。

したがいまして、「お金を稼げない人=現実の認識が出来ない人」だと考えています。もちろん「全ての人が」というつもりはありません。でも、例えば「お金ではない」と言っておきながらお金で困っている人は、間違いなく現実の認識が出来ていない人です。

現実の認識が出来ない人は妄想の世界を生きている人ですので、現実の世界を生きている人間から本気で相手をしてもらえません。

僕は現実の世界を生きている人にしか興味関心がないのです。

そういったことからも、最低月に1,000万円は稼いでいたいと思うし、そのくらいは稼いで当然だとも思うし、そのくらい稼げていない自分はどうしても納得ができないわけです。

だから別に、逼迫した稼ぐ理由などないですし、稼いだお金を何に使いたいとかも特にないです。僕が僕自身に納得したいがために稼ぎたいし、実際に稼ぐのです。

ナンパとその結果について

しばらくナンパの話がなくなっているのですが、僕は40才から本気で取り組みたいと考えています(現在準備進行中)。

一般的には40過ぎてナンパってやばいですよね。でも、こういった大人が増えても良いのではないかと思っています。

しかし、もう20代の頃のように「食事より睡眠よりセックス」というわけには行きません。ナンパの目的がセックスでは続かないでしょう。

僕が40過ぎてもナンパをする目的は、自己革新であり、新しい発見であり、可能性へのチャレンジです。月に1,000万円稼ぐのと同じで、ナンパくらいできないと自分で自分自身に納得ができないのです。

だから40を過ぎてもナンパをするし、実際にゲットしまくるのです。

おまけ:建替前にホテルオークラ東京本館泊まってきたよ

9月の建替工事前に、ホテルオークラ東京の本館に泊まってきました。

ちょうどJCB THE CLASSのメンバーズ・セレクションのグルメ&ステイコースで、ホテルオークラ東京さんが選べたので利用しました。

客室料金表では、一番安い部屋のスタンダードダブルルールで1泊37.800円からになっていましたが、無料で宿泊できました。

素晴らしい接客のスタッフさんと上質な空間で大変居心地良かったです。建替は残念な気もしますが、より素晴らしい空間を期待しています。

ホテルオークラ本館ロビー

ホテルオークラ本館6F

ホテルオークラスタンダードダブルルーム

2015年6月度の展望

先月落ち込んでしまった売上もだいぶ復活しました。今月中には、落ち込む以前の売上を超えると思います。やはりピンチはチャンスです。

今月も、凡人はただ黙々淡々と、でも確実に歩みを進めていきます。

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ戻る